今月のアルバム

       
   
 
 
 
 
 

児童心理治療施設~若竹学園~

児童心理治療施設~若竹学園~
 
ウォークラリー
 今年も若竹学園の恒例イベント、ウォークラリーがありました。今年は、参加する子ども達にも意見を聞き、それらを取り入れ、公共交通機関を使ったり、食事を自分達で選んで食べるようにしたりと、例年になかった、新しい形のウォークラリーとなりました。
 スタート地点は四国霊場88カ所の一つ、白峰寺です。白峰寺から一本松まで歩き、そこから遍路道に入ります。遍路道は凸凹の多い下り坂で大変です。遍路道を下りきると、四国霊場88カ所の80番札所、国分寺です。そして国分寺を越え、国分駅からJRに乗り、香西駅まで移動しました。香西駅からは高松イオンまで歩き、午前の部は終了です。
 
 お昼ご飯は、うどんとマクドナルドの班に分かれて自分達で注文をして、好きなものを食べました。
 午後からの部は、イオン高松から中央公園を経由し、サンポート高松までの道のりを歩きました。午前中に比べると平坦な道も多く、遍路道で鍛えられた学園生たちには物足りなかったかもしれません。ゴールについた後、まだ元気があって歩ける子ども達は、サンポート高松からあかね温泉まで歩きました。あかね温泉でゆっくりとお風呂につかり、疲れを癒した後は、学園に帰り、みんなで鍋を食べました。
 今年のウォークラリーは、みんなで作り上げたとてもいいものになったと思います。企画してくれた先生方や、色々な意見を出してくれて当日頑張って歩き抜いた学園のみなさん、お疲れさまでした!
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

児童養護施設~亀山学園~

児童養護施設~亀山学園~
 
雪あそび

​ 3月8日は退園式でした。今年度退園する児童は高校生3名、小学生2名、幼児1名の計6名で、当日は4名の児童の退園式を行いました。答辞では最年長のN君が学園に来た時からこれまでのことを振り返り、学園での思い出や今まで素直に言えなかった感謝の気持ちを語ってくれていました。
 立食パーティーでは厨房の先生が作ってくれた唐揚げやサンドウィッチ、ケーキなどが並び、子どもたちは大喜びでした。どれも美味しくて、皆お腹いっぱいになるまで食べていました。
 毎年恒例のスライドショーも日々の生活の様子や思い出旅行、キャンプなどの写真が流れ、笑いに包まれながらたくさんの思
い出に浸りました。
 春から社会人になる子も含め、これから大きな壁にぶつかるかもしれません。そんな時は学園のことを思い出して、いつでも
遊びに来てください。職員一同、皆さんのことをいつまでも応援しています。

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

児童自立支援事業 ~なごみハウス圓~

児童自立支援事業 ~なごみハウス圓~
 
職場見学
 先日、ホーム生と一緒に職場見学に行かせていただきました。海上輸送を行っている会社で、実際に働く場所となる船の中を見て、どのような仕事を行っているか、どのようなスケジュールで生活しているのかを、具体的に説明していただきました。
 『失敗した事を報告したら怒られるかも』と思いがちですが、言わずに事が大きくなる方が危険であり、報告、相談すれば早めの対処ができ、今後どうしていくか考えていける、と教えていただきました。
 帰る車の中で、圓で言われていることと同じだと呟いていました。そして何事も、報告・連絡・相談が大切だということも改めて理解できたようでした。
 直接現場でお話を聞かせていただく事が出来てよかったです。
社会福祉法人四恩の里
〒761-8004
香川県高松市中山町1501番地192
TEL.087-816-1380
FAX.087-881-5906
●児童心理治療施設
 若竹学園
●児童養護施設
 亀山学園
●地域小規模児童養護施設
 和みの家
●児童自立生活援助事業
 なごみハウス圓(まどか)
 
<<社会福祉法人四恩の里>> 〒761-8004 香川県高松市中山町1501番地192 TEL:087-816-1380 FAX:087-881-5906